NEWS

2020.08.20

縮毛矯正の注意点 新型縮毛矯正の事例

暑い日が続きますね\(^o^)/

毎日アイスが手放せなくて(笑)

久々のブログ更新

縮毛矯正における注意点

これは結構シンプルなんですね。

薬剤選定
まずアルカリでいけるかいけないかの判断

ここが大切になります。

カラーしてない剛毛で水を弾き濡らしても癖が残る髪に酸性でいこうと考える美容師さんはいないと思います(笑)

髪に薬剤を合わせる。

カラーしてたり黒髪でもエイジング毛であればアルカリのチョイスは外れます。

還元を合わせる。

流すときに反応を戻す。※重要

ドライのときに乾かしすぎない。

脂質をみる。

アイロンのテンション、角度、温度、スピード

2剤はたっぷりと。

処理剤は少なめに。

s-sの補給はしっかりと。

これをすると綺麗な縮毛矯正ができます。

例えば

結構強いです。硬く広がる癖

薬剤は酸性のチョイスになります。しっかり時間をおきます。

アフター

広がりがナチュラルになりました。中の癖もしっかり伸びていますね(^^)

s-sの補給は髪の毛の強度につながりますのでしっかりとやります。